旧式のOS、ブラウザでご利用になっています。
最新のOS、ブラウザにアップデートしてください。

1人では克服できないことも、一緒になら解決できるはず - E.Hirota

マイナビキャリレーションに応募してくださる求職者の方は、キャリアアップを目指して未経験から事務職に挑戦する人がほとんどです。さて、この「事務職」とは一体どういったもので、どんな種類があるのでしょうか。事務職の特徴やどんな人に向いているのかなど、適性も併せてキャリアアドバイザーのHirotaがたっぷりとお話します。

未経験を必要以上に不安がる必要はない

── 現在、マイナビキャリレーションでキャリアアドバイザーとして活躍されているHirotaさんですが、前職ではアパレルの販売員だったそうですね。

そうなんです。私自身、オフィスワーク未経験からの転職でした。ですから、マイナビキャリレーションに応募してくださる人の不安な気持ちがよくわかりますし、自分の経験も踏まえたうえで、寄り添ったアドバイスができればいいなと思っています。

── 具体的には、どのようなアドバイスでサポートしているのでしょうか。

求職者の方の性格や適性も踏まえたうえで、どんなところが優れていて、逆にどんなところをもう少し頑張ったらいいのか。選考が進んでいく中で、まずはその人の長所となるべきところを見つけて、そして順を追って具体的なアドバイスをするようにしています。おそらくご本人たちもそういうことを言われる機会があまりないと思うんですよね。だから自分に対する評価がわからずに転職理由がぼんやりしていたり、折角さまざまな経験をしてきていても働くイメージが湧かなくて上手くアピールができないという人もいます。

その人にとっての頑張るべきところが、相手に与える印象を今一度改めることなのか、事務職に必要な知識・考え方の習得なのか。まだまだこれから伸ばしていけると思うところははっきり伝えて、そこを頑張っていきたいという人を心から応援しています。

── 事務職の経験がないこと、そして「無期雇用派遣」という働き方について、不安に思う求職者の方も多いのではないでしょうか。

実際にマイナビキャリレーションで就業している方のおよそ8割は、事務職未経験から働き始めているという実績があります。選考から内定、就業後のフォローアップまで、一貫して専任の担当がつくマイナビキャリレーション独自のサポート体制も整っているので、未経験であることについては必要以上に不安がる必要はありません。私たちキャリアアドバイザーがその方に合ったサポートや提案をさせていただきます。

たとえば、将来的には専門性を高めた仕事をしていきたいというビジョンがあるもののオフィスワーク自体が初めてという方なら、一般事務営業事務から始めてみることで事務職としての基礎を身に付け、土台作りをするとよいと思います。また業務範囲を広げたいと考えている方であれば、業務の垣根があまりない中小企業の事務職に挑戦してみてはどうか、といった具体的な提案をすることもできます。

もちろん配属先の決定だけでなく、就業後もお仕事の近況をお聞かせいただきながら、今後のキャリアアップについても一緒に考えていきましょう。無期雇用派遣という働き方に不安を抱く方も確かにいるのですが、こういったサポート体制やキャリア形成の提案、それに合わせた配属先の紹介もできますので、安心してチャレンジしてほしいですね。

── 他社にはない、独自のサポート体制は魅力的ですね。配属先はどのようにして決まるのでしょうか。

もっと安定した環境で働きたい、転職したいという気持ちはあっても、そもそも何がやりたいのかはっきりしていないという人も多くいます。ですから、まずは私たちが求職者の方の経験やスキル、適性を見て活躍できそうな配属先を決定します。事務の経験は1〜2年くらいじっくりと積んでいかないと経験者とは言えません。今後どんなふうにキャリアアップするにしても、まずは1社目で頑張っていただき経験を積んでもらいたいと思っています。

また、謙虚さゆえに自分の長所に気付かないまま来社される方もいます。ご本人たちは自信なさげでいらっしゃいますが、何事も適材適所だと私は思っているんです。たとえば、内気で控えめ……といった、その人にとってネガティブに感じていることが、実はそんなことはなくて、長所としてまた、適性として発揮できることもある。働く場所によるんです。会社によっては、にぎやかなところもあれば、落ち着いて静かに仕事をしている職場もあります。もし落ち着いたところへ積極性があって活発な人が配属されたら、窮屈に感じてしまうかもしれません。ですから私たちは、選考中に求職者の方のサポートをする中でカウンセリングをし、総合的に見てその人に合った配属先を選んでいます。

今までの経験は適材適所で活きてくる

── キャリアアドバイザーが適性を見て紹介してくださった配属先なら安心ですね。ほかに「事務職」に求められる適性とはどんなものですか。

マイナビキャリレーションでは営業事務人事事務アシスタント、一般事務総務事務などの求人を多く取り扱っています。すべての事務職に共通して求められるのは、人を思いやったり、気遣いができる人でしょうか。頼まれた仕事を気持ちよく引き受けてくれたり、相手に対する敬意を払える人は、配属先での評価も高いです。

── ひと口に「事務職」と言っても、さまざまな種類があるんですね。それぞれの特徴やどんな人に向いているかを教えてください。

一般事務や経理事務は、コツコツ進める業務が多いイメージです。先ほどもお話したように、落ち着いて静かな人に向いていると思います。特に経理のお仕事は数字を扱うため、細部まで正確に遂行できる方が向いています。営業事務は、発信力や積極性が大事です。伝言や電話の取り次ぎなど、的確にスピード感を持って伝えられるか、先を予見して動けるかが問われます。人事事務は、求職者との対応があるので明るい印象が大切になり、何かあったときも冷静にトラブル対応ができる人、臨機応変に動ける人が向いていますね。総務事務は、会社全体の運営や社員を支える仕事ですので、部署内外の方とやり取りができるコミュニケーション能力の高さや対人折衝力が必要になります。

── マイナビキャリレーションでは接客経験のある方が多く応募されるとのことですが、そういった人たちにとってコミュニケーション能力の高さは武器になりますね。

そうですね。マイナビキャリレーションでは人事事務アシスタントの求人も多いのですが、接客経験のある人はすごく強いと思います。たとえばアパレル業界で接客をしていた人なら、応対もていねいにできますし、身だしなみを整えるのも習慣になっています。会社の顔として立ち振る舞うことが求められる人事の仕事は接客経験のある方にとても向いているのではないでしょうか。事務職が未経験でも、今までの経験やそれぞれの長所が、適材適所で活きてくると思います。

── 最後に、これから事務職を目指す人に向けてメッセージをお願いします。

マイナビキャリレーションでは、説明選考会(1次選考)、2次選考を経て、最後に最終選考も兼ねたオフィスワーク研修があります。私たちキャリアアドバイザーは、説明選考会から求職者の方をずっとサポートし、その人にとって一番気持ちよく働ける環境を提案したいと思っています。だからこそ、いつだって本音で、不安も希望も全部言ってほしい。1人では克服できないことも、私たちキャリアアドバイザーが間に入ることで視野が広がり、解決することもあるのではないでしょうか。今後のキャリアを考えたとき、「事務職」という仕事に少しでも興味をお持ちでしたら、まずはマイナビキャリレーションに応募してみてください。私たちが必ずサポートいたします。

無期雇用派遣サービス(全て無料) マイナビキャリレーションに応募する

Facebookページ - マイナビキャリレーション編集部
マイナビキャリレーションとは、マイナビが提案する「無期雇用派遣」という新しい働き方です。