旧式のOS、ブラウザでご利用になっています。
最新のOS、ブラウザにアップデートしてください。

自分に嘘をつくのをやめた。勇気を出して行動することで世界が広がる - 不動産会社勤務

学生時代に教員免許を取得し、教員を目指していたSekiguchiさん。新卒で塾講師として勤務しますが、どうしても苦手なことがありました。「自分は本当にこの仕事に向いているのか」「ずっと続けることができるのか」と悩んだ経験を持つ人も多いでしょう。ここでSekiguchiさんは「行動すること」を選びます。Sekiguchiさんが無期雇用派遣を選んだ経緯や、今の仕事のやりがいについて話を聞きました。

プロフィール

  • S.Sekiguchiさん(大手不動産データベース企業にて勤務中)
  • 大学卒業後、新卒で塾講師に。約9ヶ月の勤務を経て、本当に自分に向いている仕事を求めてマイナビキャリレーションの無期雇用派遣に応募。

自分の適性を見つめ直して、無期雇用派遣のスタイルを選んだ

── マイナビキャリレーションとの出会いを教えてください。

事務職」「未経験可」というキーワードで求人を探しているときに、ネット検索でマイナビキャリレーションを見つけて興味を持ちました。Webサイトで無期雇用派遣という働き方を初めて知ったのですが、最初は「未経験可とは言え、待遇が良くないのでは……」と疑っていたんです。「派遣」という言葉には不安定なイメージがあり、いつ契約が切れるかわからない中で働く印象がありました。
しかし、よく調べてみると、私が抱いていたイメージは「登録型派遣」のものでした。無期雇用派遣のスタイルなら安心して働けるかもしれない。実は、他の人材紹介会社からも 事務職の内定をいただいていたのですが、待遇面に不安を抱いていたところでした。求人大手であるマイナビグループなら安心して働けそう、と思えたのもあり、マイナビキャリレーションに入社を決めました。

── Sekiguchiさんが未経験から事務職を目指すようになったのは、どういう思いからでしょうか?

転職活動を始めたのは、もっと自分に向いている仕事を探したいと思ったのがきっかけです。元々は教員志望で、学生時代に教員免許を取得しています。ただ、自分は人前で何かをするのが得意ではないタイプ。それでも教員という夢があり、「自分には教育の道しかない」と思い込んでいました。苦手な思いに蓋をしながら、新卒で塾講師の仕事に就いたのですが、実際に仕事をしてみるとどうしても気持ちに折り合いがつきません。不得意なことに正面からぶつかることで、自分は裏方でコツコツと仕事をこなすのが好きなんだと気がついたんです。ならば早い段階で転職しようと1年目で塾講師を辞め、未経験から事務職を目指すことにしました。

── マイナビキャリレーションの選考では、どんなことが印象に残っていますか?

選考のひとつとして行われた、「ムビケーション」という研修が印象に残っています。実際に事務の仕事を体験しながら、制限時間内に講師が出した課題をこなすというものでした。ただ、進めていくうちに電話対応や他に優先すべき業務など、次々とタスクが割り込んできます。これは後になってわかったのですが、実際の事務の仕事でも想定外の割り込みがあることは日常茶飯事です。優先順位を考えながら仕事をこなすことを学ぶことができ、とても実践的な研修だなと思いました。

充実した日々を過ごしながら、プライベートの時間で将来にも備えられる

── マイナビキャリレーションに採用されてから現在の仕事に就くまでは、どんな流れでしたか?

採用後はWord(ワード)やExcel(エクセル)の研修を受け、配布された教本で復習しながらスキルを身につけていきました。2週間ほど過ぎたころ、配属先の職場見学がありました。これまで全く関わったことがない不動産関連の仕事と知り、どんなことをするのか不安でいっぱいだったのですが、実際に上司となる方と面談して仕事の流れなどを直接聞くことができました。また、アドバイザーさんから配属先についての資料も受け取り、不安を取り除いた状態で配属の日を迎えました。

── 現在はどんなお仕事を担当されているのでしょうか。

お客様の土地が過去どのような用途で使用されてきたのか、履歴を調査する業務を担当しています。登記簿謄本や古地図といった資料を取り寄せ、年代と場所を照らし合わせながら、お客様に提出する報告書を作成します。案件にはそれぞれ納期があり、複数の案件を同時並行しながら早く正確にこなすには、優先順位を考えて行動することが必要不可欠です。

マイナビキャリレーションからは同じ部署に私を含めて3名、社内全体には約10名の方が配属されています。月に1回マイナビキャリレーションのキャリアアドバイザーの方を含めたランチ会があり、情報交換を行っています。同じ仲間が一緒に働いているのはとても心強いですね。

Sekiguchiさんの1日

  • 8:50

    出社

  • 9:00

    仕事スタート
    納期が近い案件をチェック。本日中にやることを書き出し、優先順位を決める。

  • 9:15

    資料の請求。
    自治体には登記簿謄本、専門業者には古地図と、土地の履歴を証明する資料を取り寄せる。
    資料を元に報告書作成。

  • 11:00

    資料を元に報告書作成。
    内容や納期について確認を取る。

  • 12:00

    昼休み(1時間)

  • 13:00

    午後の仕事再開。
    午前に引き続き、報告書の作成。

  • 15:00

    作成した報告書を上長に確認してもらう。確認後はお客様に提出。
    依頼から報告書提出まではおよそ7営業日で行う。案件によってはもっと早まることも。

  • 18:30

    1時間ほど残業をして退社。

── 新しい職場はいかがですか? また、今後目指していきたいことはありますか?

私が作成した報告書を元に土地の売買契約が行われるので、日々「速く正確に」を心がけています。そのために重要になるのは、やはりコミュニケーション。この業務は社外の方と会話をする機会が多いんです。資料請求時には住所などを正しく伝える必要がありますし、土地の現状を理解するためにお客様に状況を確認することもあります。かといって慎重になりすぎると、納期に間に合いません。効率的に作業を終わらせて、残業を減らすことが最近の課題です。

無期雇用派遣で働くようになり、プライベートの時間を充分に取れるようになりました。仕事帰りに、大好きなライブに行けるのが嬉しいですね。不動産の仕事にも興味が出てきたので、不動産関連の資格の勉強を始めるつもりです。将来結婚して親になったとき、資格があれば再就職にも有利なはず。時間を有効に使えるうちに、未来に備えておければと思います。

── 最後にマイナビキャリレーションで働くことを検討している人にメッセージをお願いします。

転職には不安がつきもので、必ず成功するとも限りません。それでも私は、行動を起こすことの大切さを伝えたいです。以前は「自分はこれしかできない」という考えに囚われて、仕事で失敗をしては自信を無くしていました。改めて自分の適性を見つめ直し、勇気を出して行動したからこそ、無期雇用派遣という働き方に出会えたと考えています。世界は思っているよりもずっと広いです。自分に嘘をついてるかもと思ったら、いろいろな会社や働き方を見てみてはどうでしょうか。

無期雇用派遣サービス(全て無料) マイナビキャリレーションに応募する

Facebookページ - マイナビキャリレーション編集部
マイナビキャリレーションとは、マイナビが提案する「無期雇用派遣」という新しい働き方です。