旧式のOS、ブラウザでご利用になっています。
最新のOS、ブラウザにアップデートしてください。

キャリアアドバイザーとの二人三脚で、はじめての転職の不安を乗り越えた - IT企業勤務

ホテルのフロントから、未経験の事務職への転職に挑戦したMiyagiさん。「PCのスキルがない」「女性がいない職場に抵抗がある」など不安の連続でした。そんなMiyagiさんに寄り添い、キャリアの再出発をバックアップしてきたのがマイナビキャリレーションのキャリアアドバイザーです。「今はとても充実しています」と笑顔を見せるMiyagiさんに、転職活動の流れを聞きました。

プロフィール

  • R.Miyagiさん(IT企業にて勤務中)
  • ホテルのフロントでサービス業を経験したのち、マイナビキャリレーションで初めての事務職にチャレンジ。

スキル不足を補いたい。マイナビキャリレーションの研修が安心につながった

── マイナビキャリレーションとの出会いを教えてください。

未経験から事務職への転職を考えているときに、マイナビキャリレーションのWebサイトを見つけました。新卒でホテルのフロント業務に就いていたのですが、休日が不定期な上に夜勤があり、これから40代50代になってもサービス業を続けている自分が想像できませんでした。マイナビキャリレーションで無期雇用派遣という働き方を知り、また「マイナビ」というブランドに安心感があったため、入社を決意しました。

── 転職にあたり、無期雇用派遣以外に正社員や登録型派遣も検討していましたか?

はじめは正社員で探していたのですが、未経験者OKの募集がなかなかありません。派遣には不安定なイメージもあったのですが、「無期雇用派遣」の「無期」という言葉が気になりました。登録型派遣との違いについて調べるうち、安定して長く働きたい私に向いている働き方だと思えたんです。さらに、研修が充実していることもプラスでした。サービス業の経験から電話対応には自信があったのですが、PCのスキルはほぼゼロでしたので、就業までに研修を受けられることは大きな安心材料になりました。

── 選考ではどんなことが印象に残っていますか?

二次面接のあとに選考を兼ねた研修が2日間あり、実際に事務の仕事をシミュレーションしながら課題をこなすというものがありました。4〜5人のチームに分かれて順位を競うのですが、私が所属するチームは初日に最下位になってしまったんです。全員事務職の経験がなく、指示と行き違った行動をしてしまったのが原因でした。結果に落ち込みましたが、その場でキャリアアドバイザーさんが相談に乗ってくださり、フィードバックを受けたおかげで2日間の日程を乗り切ることができました。その時のアドバイザーさんが現在も自分を担当してくれています。

キャリアアドバイザーという「味方」がいる安心感

── マイナビキャリレーションに応募し、採用されてから現在の仕事に就くまでは、どんな流れでしたか?

採用後、就業先の候補に「IT企業」と「人材派遣会社」の2つを提示されました。IT企業は女性社員が少ないと聞き、人材派遣会社を選ぼうとは思ったのですが、アドバイザーさんの意見は「IT企業の方がおすすめです」というもの。なぜなら、薦めてもらったIT企業は事務経験がない私でも無理なく業務が進められるような環境があるとアドバイスがありました。アドバイスに従いIT企業の方を選んだところ、手取り足取り教わりながら仕事を始めることができました。「同じ職場に女性がいない」という不安も、アドバイザーさんの「他の部署の女性と仲良くなってみては」という助言のおかげで解消できました。

── 現在はどんなお仕事を担当されているのでしょうか。

健康保険組合向けのシステムを提供しているIT企業で、システムエンジニアの方を対象にした事務を行っています。お客様からの問合せを電話で受け、担当のシステムエンジニアに取り次いだり、簡単な質問には自分で答えるなどしています。会議資料などのコピーや、文書のファイリング、残業時間のチェックなど、担当する業務はさまざまです。特に電話対応では、前職の経験が活きていると改めて感じています。

Miyagiさんの1日

  • 8:50

    出社

  • 9:00

    ラジオ体操、朝礼。

  • 9:15

    仕事スタート。
    メールチェック。
    お客様からの問合せ対応。エンジニアは外出していることも多く、出先に連絡して用件を伝える。

  • 10:30

    会議資料を人数分コピー。
    文書を一部編集してから印刷してほしい、という指示を受けることも。

  • 12:00

    昼休み。
    別フロアの女性とランチ。職場に女性が少ないので、仲間がいるのが心強い。

  • 12:45

    午後の仕事を再開。
    引き続き電話対応など。

  • 15:00

    資料をスキャンしてファイリングする。PDF化など文書管理の仕事も多い。

  • 17:00

    エンジニアの勤怠状況の確認。
    36協定を遵守しているか確認する。

  • 17:30

    終業、退社。
    (「残業がないこと」は就業先に希望する条件のひとつだった。)

── 新しい職場はいかがですか? これから学んでいきたいこと、将来の目標などはありますか?

電話対応に抵抗はないのですが、はじめのうちはシステムや健康保険に関する専門用語が聞き取れず苦労しました。就業先の部長に相談し、新卒採用者向けの勉強会に出席させてもらうなどして、少しずつ覚えているところです。職場の方もとても優しく、いつも助けていただいています。

今後はPC関連の資格を取るのが目標です。また、せっかく健康保険組合の仕事に関わっているので、この機会に社会保険や労働法について知識を身につけようと社労士のテキストで勉強しています。勉強をする時間ができたのも、無期雇用派遣という働き方だからこそ。毎週末にちゃんと休めるのがとても嬉しく、趣味の三線を習うなどプライベートを楽しめています。

── 最後にマイナビキャリレーションで働くことを検討している人にメッセージをお願いします。

マイナビキャリレーションの強みは、キャリアアドバイザーのフォローだと思います。専属のアドバイザーがとても親身に話を聞いてくれるので、わずかな不安でも気軽に相談できるのはとてもありがたいですね。「味方がいる」ことの安心感は、とても貴重なものだと思います。

私は自分に合った職場を選んでもらうことができ、充実した環境で働くことができています。無期雇用派遣は、正社員と派遣の「いいとこ取り」な働き方。産後休暇や育児休暇もあるので、特に女性にとっては安心ですよね。納得ゆくまで転職活動することで、自分に合った働き方で楽しく仕事ができたらと思います。

無期雇用派遣サービス(全て無料) マイナビキャリレーションに応募する

Facebookページ - マイナビキャリレーション編集部
マイナビキャリレーションとは、マイナビが提案する「無期雇用派遣」という新しい働き方です。