旧式のOS、ブラウザでご利用になっています。
最新のOS、ブラウザにアップデートしてください。

一度は諦めかけた事務職のキャリア。無期雇用派遣だから再チャレンジができた - 弁護士事務所勤務

転職活動の末、やっと入社した会社になじめなかったら……。その懸念に直面したNakatsukiさん。未経験から事務職への転職を成功させたものの、不安に押しつぶされそうになる日々を過ごします。一度は事務職を諦めかけたNakatsukiさんを救ったのは、無期雇用派遣ならではの「環境を変える」というアドバイスでした。「あのとき辞めなくて本当によかったです」と笑顔で語るNakatsukiさんに、転職活動や現在の仕事について話を聞きました。

プロフィール

  • Y.Nakatsukiさん(弁護士事務所にて勤務中)
  • 新卒で飲食業界に入り、飲食店で接客業を経験。長期的なキャリアの不安や、事務職への憧れから転職活動を開始。マイナビキャリレーションに出会う。

私のことをしっかり見てくれている。選考や研修を通じて得た安心感

── マイナビキャリレーションとの出会いを教えてください。

事務職への転職を検討している際に、ネット検索でマイナビキャリレーションを見つけたのが最初の出会いです。無期雇用派遣という働き方は、マイナビキャリレーションのWebサイトを見て初めて知りました。学生時代に登録型の派遣バイトをしていたので、無期雇用派遣も同じようなものかな、と最初は思っていたんです。

転職活動を始めてから、無期雇用派遣について深く理解するために、いくつかの人材サービス会社の説明会に行きました。その中で、マイナビキャリレーションはとても親身に私の話を聞いてくれたのを覚えています。質問を交えながら相手を深く理解しようとする姿勢に、マイナビキャリレーションなら一緒に人生を考えてくれそうと思えました。

── Nakatsukiさんが未経験から事務職を目指すようになったのは、どういう思いからでしょうか?

私は新卒で飲食業界に入り、主に接客業をしていました。飲食店の勤務は夕方以降がメインで、終わる頃には終電になるのも珍しくありません。体力がある若いうちは遅くまで勤務できたとしても、年齢を重ねて長期的に続けるのは難しいのではという思いがありました。また、接客と同時にわずかながら事務作業も行っており、コツコツと仕事をこなす楽しさを感じていました。事務職を目指したのは、結婚・出産といった女性としてのキャリアを考えた結果でもありますが、「事務」という仕事そのものに憧れたことも理由のひとつです。

── 選考ではどんなことが印象に残っていますか?

選考があるとは聞いていたのですが、想像以上に本格的な面接でした。とても緊張しましたが、裏を返せば「私のことをしっかり見てくれる」ということ。選考を兼ねた研修もあり、実際の事務職をシミュレーションしたプログラムも印象的でした。講師の方から場面ごとに改善点を指摘してもらい、自分のいいところ・悪いところを客観的に知ることができたんです。この研修で得たものは大きく、転職への決意がより一層固まりました。

事務職に向いてないのでは……思い込みを救ったアドバイザーの言葉

── マイナビキャリレーションに採用されてから、現在の仕事に就くまではどんな流れでしたか?

2017年7月に採用され、すぐに就業先が決まったのですが……未経験の仕事という不安が大きく、新しい環境になかなか馴染めませんでした。やがて「やはり自分は接客業しかできないのでは」と思うようになり、キャリアアドバイザーさんに会社を辞めたいと伝えたんです。アドバイザーさんは改めて私の悩みを聞き、「辞めることは一時的な解決にはなるけど、その選択で本当に後悔しませんか?」と、環境を変えて様子を見ることを提案してくれました。

現在の会社に就業したのは2018年1月のこと。結果から言うと大成功で、いまでは仕事を楽しめるようになりました。「接客業しかできない」という思い込みを解きほぐしてくれたアドバイザーさんには本当に感謝していますし、無期雇用派遣だからこそ環境を変えて働くことができたのだと思います。

── 現在はどんなお仕事を担当されているのでしょうか。

弁護士事務所で訴訟手続きなどの事務を担当しています。案件の種類によってチームが分かれており、私が所属するのは家賃滞納などに対応する「建物明け渡し」チーム。15人ほどが事務を担当し、弁護士の指導の下、裁判に必要な書類の作成や、訴状の提出、裁判所や被告からの電話対応を行っています。事務担当は1人あたり60〜70件の案件を担当しており、正確さとスピードが求められます。最近、マイナビキャリレーションから私と同じように事務で配属された方がおり、みんなで歓迎会をしたところです。

Nakatsukiさんの1日

  • 9:00

    出社
    本日の仕事スタート。メールチェック。新たに依頼された案件について、担当が割り振られる。

  • 9:15

    書類作成。
    必要な書類を自治体などから取り寄せ、裁判に備える。
    書類の内容については弁護士にその都度確認する。

  • 10:30

    電話対応。裁判所や被告などから問合せを受ける。

  • 12:00

    昼休み。先輩や同僚とランチを楽しむ。
    社内にはリフレッシュルームがあり、一人で落ち着いて昼食をとることもできる。

  • 13:00

    午後の仕事再開。
    引き続き電話対応など続ける。

  • 15:00

    月1〜3回、弁護士と事務担当全員でミーティング。
    連絡事項の周知や、進捗状況の確認。

  • 18:30

    終業。退社。案件の緊急度によって、1〜2時間ほど残業することも。

── 新しい職場はいかがですか? 今後目指していきたいことはありますか?

「建物明け渡し」の依頼者は、家賃収入が入らずお困りのオーナーさまが中心。収入が途絶える時期を最小限に抑えるため、早期解決を目指すのが私たちのミッションです。裁判が延期になるなどスムーズにいかないことも多いのですが、弁護士や事務担当がお互い助け合ってベストな道を探っています。接客業で身につけたコミュニケーション力が、チーム内部のやりとりに役立っているなと感じますね。

法律の世界は初めてだったのですが、書類や証拠をひとつひとつ積み上げていく作業はとてもやりがいがあります。経験の無さに不安を覚えた時期もありましたが、チャレンジすることで新しい自分を発見できたと思います。事務職のスキルはまだまだですが、依頼人の方に安心して任せていただけるよう、今の仕事を頑張りたいですね。

── 最後にマイナビキャリレーションで働くことを検討している人にメッセージをお願いします。

キャリアアドバイザーさんにいつでも相談ができることは、マイナビキャリレーションの強みだと思います。一人で悩んでいるとどうしても視野が狭くなりがちです。マイナビキャリレーションを選んでいなかったら、私は早々に事務職を諦めていたかもしれません。「その道のプロ」の存在はとても大きく、心強いもの。未経験の分野に転職しようと考えている方も、安心してマイナビキャリレーションに任せてみてはいかがでしょうか。

無期雇用派遣サービス(全て無料) マイナビキャリレーションに応募する

Facebookページ - マイナビキャリレーション編集部
マイナビキャリレーションとは、マイナビが提案する「無期雇用派遣」という新しい働き方です。