旧式のOS、ブラウザでご利用になっています。
最新のOS、ブラウザにアップデートしてください。

百貨店販売から経理事務!キャリアアドバイザーの言葉が可能性を広げてくれた - 人材サービス会社勤務

高校卒業後、百貨店の婦人靴販売に携わったTsuchiyaさん。ワークライフバランスを求めて事務職への転職を志し、マイナビキャリレーションを通じて現在は経理事務のお仕事に就いています。「専任のキャリアアドバイザー(CA)さんの言葉に救われた」というTsuchiyaさんに、転職活動の経緯について聞きました。

プロフィール

  • K.Tsuchiyaさん(人材サービス企業にて勤務中)
  • 百貨店で婦人靴販売を経験。プライベートと仕事の両立を目指し、マイナビキャリレーションで未経験から事務職に挑戦。

半年にわたる転職活動から「無期雇用派遣」に出会う

── マイナビキャリレーションとの出会いからお聞かせください。

高校卒業後に百貨店に入社し、婦人靴販売に携わっていました。接客を担当していたのですが、シフト制で勤務時間が不規則だったり、土日に休みが取れなかったりで、プライベートで友人に会うこともなかなかできなかったんです。休みの日も仕事の連絡が来るのでリフレッシュもできず、体調を崩しがちになり、この先も販売の仕事を続けられるのか不安に感じるようになりました。

仕事とプライベートを両立させようと、事務職への転職を目指したのですが、正社員への転職は難しく、気がつけば半年近く経っていました。そんなとき、ネットでマイナビキャリレーションを見つけ、未経験からでも事務職を目指せること、パソコンなどの研修制度が充実していることを知り、受けてみようと思いました。

── 異業種からの応募ですが、マイナビキャリレーションの選考ではどんな部分を自身の強みとしてアピールされましたか?

販売業務で毎日電話を受けていたので、電話応対には自信がありました。商品の問合せや在庫の確認、お客様からのお叱りなど、販売業務ではさまざまな電話を受けます。どんな内容でも冷静に対処できる自信はあったので、その点をアピールしました。

── マイナビキャリレーション入社から配属先の決定にいたるまで、印象に残っていることを教えてください。

転職活動を始めてから半年間、成果が出ないことに落ち込んでいた時期もあったんです。そのことを専任のCAさんに相談したところ、「Tsuchiyaさんは対応が大人っぽいし、20歳という年齢を全然引け目に感じなくていい。若いからこそのパワーやエネルギーを秘めている」という言葉をもらって、とても救われたのを覚えています。この言葉があったからこそ、選考中も頑張ることができました。

ただ、マイナビキャリレーションに内定した後、配属先との顔合わせで「経理はスピーディーでミスの許されない仕事」と聞いて、正直なところ「数字は苦手だし、経理の仕事は無理かも……」と弱気な気持ちもあったんです。それでも、販売の仕事で細かな箇所にまで気を配りミスを未然に防いだ経験があったことや、先ほどのCAさんからの言葉のおかげもあり、チャレンジしてみようと思えました。

異業種から経理事務に。毎日の積み重ねが成長につながった

── 現在の仕事内容について教えてください。

経理事務として、主に請求書の発行業務等に携わっています。請求書発行に必要となる情報のチェックや、入金内容の確認、届いた郵便物の配布などが主な仕事です。経理事務と聞いて、最初は不安もありましたが、他部署の方からの電話応対や請求書内の各項目の確認といった細かな業務など、前職の経験を活かせる仕事もたくさんありました。「経理」というイメージだけで苦手意識を持ってしまいましたが、あのとき思い切って一歩を踏み出して本当によかったと思います。

Tsuchiyaさんの1日

  • 9:00

    出社。今日一日でやることをまとめる。

  • 9:15

    始業。請求書の発行業務から開始。

  • 11:30

    登録申請の内容確認などの事務作業。請求先の宛名や担当者情報など、申請内容に不備がないか確認する。

  • 12:30

    お昼休み

  • 13:30

    引き続き事務作業をおこなう。

  • 15:00

    営業部門からの問合せを受ける。「先方に請求書が届いていない」「請求書を再発行したい」などの問合せに対し、適切に対応する。社員との連携も。

  • 16:00

    入金チェック。請求期日通りに入金されているかをシステム上から確認。

  • 17:20

    翌日発行する請求書のチェック。

  • 17:45

    退社。月末や年度末などの繁忙期には20〜30分残業あり。

── 異業種から未経験である経理の仕事に携わって、大変だったことはなんですか?

経理の用語がまったくわからなかったことです。問合せを受けても、最初は正しい返答がわからず、そのまま社員の方に回してしまうことも多くありました。あとで「この質問はこういう意味で、こう答えたらいい」と教えてくださって、その都度メモを取るなどして覚えていきました。

PCもほとんど使ったことがなかったので、入金チェックやシステム登録などの基本的な操作も社員の方から教わりました。皆さん優しい方ばかりで、少しでも困っていると「大丈夫?」と気にかけてくださり、とても感謝しています。

── どんなときに仕事のやりがいを感じますか?

毎朝の出社後、今日1日でやるべきタスクとスケジュールを書き出すようにしているので、月末や年度末といった繁忙期に思った通りの働きができると、とても達成感がありますね。営業部門からの問合せに淀みなく答えている自分がいて、気づかぬうちに成長しているんだなと感じます。最近は精算処理といった新しい業務も少しずつ教えていただいているところなので、さらに仕事の幅を広げていきたいです。

今は転職の動機だった「仕事とプライベートの両立」も実現できていて、最近は高校時代から興味があった美容関連の資格について勉強をしています。前職では休日に体を休めることが精一杯でしたが、今では自分自身のために時間を使えていることがとても嬉しいですね。

── 最後にマイナビキャリレーションへの応募を検討している方へメッセージをお願いします。

高校を卒業して社会人になったあと、転職活動がこんなにも難しいことを、初めて身をもって知りました。私と同じような若い世代の方もいると思います。私が「全然引け目を感じなくていい」という言葉に救われたように、マイナビキャリレーションには厳しい状況を真摯に受け止めて、フォローしてくれるCAさんがいます。今の生活を変えたい、でも未経験だから自信がないという方こそ、マイナビキャリレーションを頼ってみてほしいと思います。

担当CAからのコメント

Tsuchiyaさんは礼儀正しく言葉遣いがとてもていねいで落ち着いた対応のできる方でした。また前職では接客とそれ以外の業務の両立を図るために時間管理を工夫するなど、仕事に対する考え方もしっかりしており、責任感の強さも感じました。ただご本人は、年齢やスキルに関して不安があるようだったんです。

お話を伺うなかで、Tsuchiyaさんの前職での経験や身に付けたスキルは必ず事務職にも活かせると思ったので、年齢に引け目を感じることなく、もっと自信をもってアピールしましょうとお伝えしました。結果的に、今、経理事務というポジションで活躍する姿を拝見でき、とても嬉しく感じています。誰かの客観的な評価によって、自身の強みに気付けたり、自分に自信を持てたりすることがあると思います。もし何かキャリアについて立ち止まっているなら、1人で悩まずにぜひご相談ください。

マイナビキャリレーションに応募する

Facebookページ - マイナビキャリレーション編集部
マイナビキャリレーションとは、マイナビが提案する「無期雇用派遣」という新しい働き方です。