旧式のOS、ブラウザでご利用になっています。
最新のOS、ブラウザにアップデートしてください。

新規開拓営業からの転身!やりがいある職場で事務の奥深さを体感中です - 損害保険会社勤務

転職活動の当初は“派遣”という言葉にネガティブなイメージを持っていたと語るKajiyamaさん。自分らしさを大切に人生を歩むために、働き方を見直したことが転職のきっかけだったそうです。Kajiyamaさんがマイナビキャリレーションの無期雇用派遣での働き方にどんな可能性を見出し、今、どんな気持ちで新たな職場で活躍しているのでしょうか。彼女の転職と現在の仕事についてストレートに聞いてみました。

プロフィール

  • C.Kajiyamaさん(損害保険会社外貨年金ラインで勤務中)
  • 生命保険会社で営業職を経験。もっと自分らしい働き方を求めて事務職への転職を希望。マイナビキャリレーションでファイナンスの知識を活かして事務職に挑戦!

営業と比べて事務職は楽?そんな考えも軌道修正してくれたシミュレーション研修

── 転職を考えたきっかけについて教えてください。

私は生命保険会社で新規開拓の営業をやっていました。社内には当然事務の部署もあって、事務職の人々と連携して仕事をやっていたのですが、自分でもやってみたいと思ったのが転職のきっかけです。営業は数字としての結果を出さねばならない仕事ですので、先が見えない不安がありました。事務は一つひとつの手順をきちんと覚えていけば、私にもできるのではないだろうか。勤務時間に集中して仕事がしたいタイプの私にも合っている気がして転職しようと思ったんです。

── マイナビキャリレーションのことはどうやって知りましたか?

女性向けの転職イベントにマイナビキャリレーションが出展していて、今も私の担当してくれているキャリアアドバイザー(CA)さんとそこで出会ったんです。未経験で事務ができるというところには惹かれましたが、その頃は「派遣」という言葉にネガティブなイメージを持っていて、「無期雇用派遣」といわれても正直よくわかりませんでした。それでもCAさんがとても話しやすかったのでマイナビキャリレーションの働き方について詳しく聞くために後日面談することになりました。派遣に期限がなく、正社員に近い待遇で長く安心して仕事ができること。仕事とプライベートの両立ができる働き方についてしっかり聞くことができ、これまでの登録型の派遣とも大きく違う点があることもわかりました。

── マイナビキャリレーションで働くことを最終的に決めた理由はなんですか?

採用の選考には、2日間の研修も含まれているのですが、カリキュラムの中には職場で行われる事務の実務を体験するシミュレーション研修がありました。事務の仕事は、ただ黙々と書類と格闘するのではなく、お客様や社内の人など、相手や状況によって様々な対応が必要です。それは私がそれまで考えていた、一つひとつのことを覚えていけばできる事務とは違いました。この仕事なら私が得意とするコミュニケーションスキルが活かせるのでは、と思うようになり、研修を通じてはじめて自分が事務職として働いているところをイメージすることができたのです。CAさんのきめ細かな対応やこんな研修を用意してくれていることも私のマイナビキャリレーションへの信頼につながり、最終的にマイナビキャリレーションで働くことを決めました。

営業のころに感じていた信頼感を自分にも。キャリアアップを目指しながら自分らしさも楽しむ余裕

── 今のお仕事について教えてください。働いてみてどんな感想をお持ちですか?

私は今、損害保険会社の外貨年金ラインで事務をやっています。このラインには社員の方が5名いて、私と同じ無期雇用派遣の事務が6名、そのうち私を含む3人がマイナビキャリレーションからの配属です。外貨年金というファイナンスの仕事ですので、私も前職での知識や経験が活かせる部分もあります。仕事内容としては、お客様からの年金のご請求への対応や、保全ラインとの連携、1日の工程管理など、このラインで行う事務全般をみんなで力を合わせてやっています。この職場に来て5ヵ月が経ちました。覚えることが多くて大変なのですが、気持ちの良い職場でやりがいを感じて仕事ができています。

営業のころは書類をつくる時にも、「事務の人が見てくれる」という安心感がありました。今は逆に数字一つのミスも見逃してはならないという緊張感で仕事をしています。またシミュレーション研修で学んだ、相手に応じ、状況に応じた対応ができるようになることも私のこの仕事における目標です。

Kajiyamaさんの1日

  • 9:15

    出社

  • 9:30

    本日のお仕事スタート
    請求書の再送のご依頼、税務通知の再送のご依頼などお客様からのご要望についての対応を午前中を中心に行います。

  • 12:00

    保全ラインからの連絡事項を1時間ごとに確認して社員に伝える「連携」の当番を他の事務業務と並行して担当します。

  • 12:30

    昼休み(1時間)
    午前中の業務が忙しい場合は13時を過ぎてからやっと取れる場合もあります。
    昼食はランチルームでお弁当が中心、たまに外食も。食後は好きな音楽を聴いてリラックス。

  • 13:30

    午後の仕事再開

  • 14:00

    午後も連携の当番と並行して、各種事務作業を行います。

  • 16:30

    工程管理…ラインを通過した書類とシステム上のカウント、種類の確認
    ※1日300件もの書類をラインで処理しています

  • 17:30

    終業、退社
    (残業はほとんど無く、ある場合も30分程度)

── 今の仕事で「もっとこうしたい」と思うことはありますか?将来の目標は?

電話応対などのスキルをもっと上げていきたいと思っています。私は前職で営業を経験していたこともあり、人とコミュニケーションをとる仕事を積極的にやっていきたいのですが、社員の方々のスムーズで丁寧なお客様対応を見ていると、もっと学ばなければと思います。一つひとつ積み上げる部分と、臨機応変に判断できる力の両方が事務の仕事には必要だと感じています。

── 最後にマイナビキャリレーションで働くことを検討している人にメッセージをお願いします。

私は仕事の他にもダンスという自分のやりたいことを持っています。仕事とプライベートの両立。そんな私の希望を叶えてくれたのがマイナビキャリレーションの無期雇用派遣という働き方です。 始業から終業まで、休憩時間以外はほとんど手を止めることもなく集中して仕事ができる今の職場は「今日もがんばった」と充実感を得ながら、その後にプライベートを楽しむ時間的余裕もあるのです。仕事の他にも何かやりたいことがある人には特におすすめです。ぜひ一度あなたもマイナビキャリレーションでの働き方を、信頼できるCAさんからじっくり聞いてみてください。

無期雇用派遣サービス(全て無料) マイナビキャリレーションに応募する

Facebookページ - マイナビキャリレーション編集部
マイナビキャリレーションとは、マイナビが提案する「無期雇用派遣」という新しい働き方です。